最新のボンズカフェ番組音声は以下に移動しております。
ブックマークよろしくお願いいたします。
BONZECAFE_NEW.jpg

2008年07月13日

ゴリラがラジオで喋る時 山極 寿一(やまぎわ じゅいち)

DSC02208.JPG

山極 寿一(やまぎわ じゅいち) 
1952年、東京生まれ。京都大学理学部卒、同大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。カリソケ研究センター客員研究員、(財)日本モンキーセンター・リサーチフェロー、京都大学霊長類研究所助手を経て、現在、京都大学大学院理学研究科教授。日本霊長類学会会長。アフリカ各地でゴリラの野外研究に従事。現在はゴリラとチンパンジーが熱帯林の同じ場所でどのように共存しているか、他の生物といかに共進化してきたかを研究している。 類人猿の行動や生態をもとに初期人類の生活を復元し、人類に特有な社会特徴の由来を探っている。 著書は「森の巨人」(歩書房)、「ゴリラ〜森に輝く白銀の背〜」(平凡社)、「ゴリラとヒトの間」(講談社現代新書)、「家族の起源〜父性の登場」(東京大学出版会)、「食の進化論〜サルはなにを食べてヒトになったか」(女子栄養大学出版部)、「ゴリラの森に暮らす〜アフリカの豊かな自然と知恵〜」(NTT出版)、「父という余分なもの」(新書館)、「ゴリラ雑学ノート」(ダイヤモンド社)、「ジャングルで学んだこと〜ゴリラとヒトの父親修行〜」(フレーベル館)、「オトコの進化論」(ちくま新書)、「ゴリラ」(東京大学出版会) など。

2008年07月05日

7月のボンズカフェライブは、クサンチピータさんでした!

DSC02143.JPG
http://www.geocities.jp/oshiirecords/chiyuki.html
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。